twitter follow badge
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | -
「井筒ワイン 生ぶどう酒」を楽しんだ
photo
実は、ワインのことはあまり知らない。
おいしければ OK みたいな程度でしか飲んでいないので、語る口は無いというものかもしれないが、今日はワインねたをちょっと書いてみる。

先日、「井筒ワインというのが結構おいしいよ」という話を友人から聞いた。
しかも、今の時期だと、生(き)ワインというのが出回っているらしいとのこと。
生ワインって一体?!と、かなりそそられた。
どうも気になってしまったので、それを聞いた翌日に早速購入しに行ってきた。

井筒ワインとは、長野県塩尻市桔梗ヶ原一帯で収穫したぶどうを使用した地酒ワインとのこと。
その中でも生ワインとは、限られた期間で販売されているフレッシュなワインなのだそう。


一応、赤と白を1本ずつ買って、まずは白を開けてみた。
ちなみに、購入してきた場所は、新三郷ららぽーとの軽井沢ファーマーズギフトにて。

軽い気持ちで買ってみたものの、ラベルに書かれているのは、「生(き)ぶどう酒」というちょっと珍しい表記。
「生ワインのためご購入後すぐに冷蔵庫にお入れいただき、開封後も冷蔵庫へ入れて3週間以内でお飲みください」とも書かれている。
そしてよく見たら「予約限定品」なんて書かれていたので、限定に弱い典型的日本人(?)としては少々緊張しながら栓を開けてみたりもした。

まず、開けたとたんにかぐわしい葡萄の香りがひろがって、最初からかなーり好印象。
一応自分は、どちらかといえば鼻が利く方の人間なもので、香りが好印象なのは自分にとって本当にインパクトがあったりする。
飲んでみると、少々の発泡が残っていて、甘いながらもフレッシュな飲み口。
もともと甘いワインが好きなもので、甘口の白が好きな私にとっては飲みやすくて、とても美味しい味だった。
うっかりしてると飲み過ぎてしまいそうな飲みやすさでもある。
炭酸は、発酵がまだ終わりきっていないという事なのだろうか(よく分かっていないのだけど)、この具合がまた楽しい飲み口になっている。

また、「生ワインですので熟成速度は早く、時が経つにつれ味がまろやかになっていきます味の変化を楽しまれる御客様もいらっしゃいます」なんて宣伝文句を書いている販売サイトもあったので、日数が経つとまた味が変化して面白いのかもしれない。
ちなみに、白は私的には開けたての頃がいちばん美味しく感じた。
でも、こういう好みはとりわけワインなんて人それぞれだろうなぁとも思うので、意見はいろいろあるかと思う。
正統派ワインとはまたひと味違う楽しさを味わいたいならとてもお勧め。

また売ってたらリピートしたいなぁと思う。
後日は赤を試す予定。

 井筒ワイン販売ショップ(楽天)
permalink | DRINK | comments(1) | trackbacks(0)
マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
こんにちは、久しぶりに書きました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)最近どうしても気になっていたのが、誰もが知っているキング・オブ・ポップ、Michael Jackson のロンドンライブのドキュメンタリ映画「This Is It」。
10月28日の日本時間では19時からが解禁とのことで、地元の映画館ではあるが、張り切って28日の19時からの部に行ってきた。

お客さんはかなり女性のが多く、年齢は若い人からシニア層までまちまち。
コアなファンの人もライトなファンの人もいる様子だった(私は中間あたりだろうか)。

映画は、幻のロンドン公演のリハーサルを中心に、舞台裏の様子など、普通には見れないような貴重な映像ばかりの2時間弱だった。
勿論のことだが、マイケルのダンスと歌は完璧で、いつの間にか私は夢中になって見ていた。
どの曲を聴いても、何年経っても色あせない凄さを思い知らされる。
とにかくインパクトがすごい。
この人がもういないのかと思いながら見ても、やはり信じられない思いだった。
自分的には、Smooth Criminal が鳥肌ものだった。
いろんな曲の途中や最後でちょっと寂しい思いにもかられた。
また、曲が終わるたびに拍手してしまいそうになったのは自分だけではないと思う。
(映画だから、全部に拍手してたらうざがられるだろうしなぁとか思ったりして)

また、ライブに訪れる観客をどのように夢中にさせようか、魅力的なステージを作っていこうかと、メンバーやスタッフ一同が作り上げていく様子があちこちの角度からうかがえる。
よくあるミュージック・クリップのおまけなどではお目にかかれないレベルの収録だ。
こんなとんでもなく楽しそうな企画が実現していたら、どんなに凄いだろうなぁ素晴らしいだろうなぁと思いながらも、あまりに凄そうで想像しきれない。

ファンの人が行くのは勿論のこと、とりあえず迷っている人は、クオリティが本当に高いので、見に行って損ではないと思う。

permalink | MUSIC | comments(9) | trackbacks(0)
メインストリーム
 本当に久しぶりに書きます。

年始に、思ったことがあって少々ナンセンスがかったことにも等しいですが、なんらかを書きました。
(なんか現在はまだそれを読み返したくない気分なので、これを書いたあとに読み返そうと思います)
心に引っかかったから書いたのでしょうが、まだ消化しきれない自分がいました。
ほぼ他の方には迷惑をかけることはしていないとは思われますが、自分としては困ったものです。

そして、数ヶ月が経過して、しばらく振りにここの場に来ました。
どうして書くのを止めてしまったかと言えば、なんか : : : delirium-yuki : : : に対してどこかで片意地張ってた部分があって、それに負けてしまってた自分がいるのかもしれないと、さっき、ふと感じました。
下らなくてもいいので、もっと自然体に、素直に言葉が出てくるような気持ちで向き合えばいいのだろうかとも思いました。

放置していても、どうしても、自分にとってのメインストリームはここの場所なんだという事も、多かれ少なかれ、いつも感じてはいました。
ここでよく考えた結果も同様です。
何ヶ月、というか、1年以上をかけてのこの思いは、やっとはっきりしました。

バカっぽくてもナンセンスでもいいから、初心に戻って思ったことを素直に書いていける場所にしていきたいと、なんか今日、変な意味でひらめきました。

とりとめがなくなってきたので、この辺で終わります。
ちっちゃなことでも、楽しく書きとめる、なんらかを拾い上げる、そういう楽しさを頑張ってここに再現していきたいと思っています。

完全に独り言です。
変なエントリで申し訳ありません。
permalink | PERSONAL | comments(2) | trackbacks(0)
iPhone を買った話と、ファースト・インプレッションとお礼
タイトルどおり、先日とうとう iPhone 所持者となった。

去年から最近まで、たくさんの方からいろんな手段で、「You, iPhone買っちゃいなよ!!1」的なお誘いシャワーをたっぷりいただいて洗脳されてしまったところで、加えて最近の iPhone のキャンペーンにとどめを刺され、超速で5万円を My 財布に入れて、とうとう地元のヤマダ電機に走っていってしまった、という訳で。
ちなみに、ヤマダ電機に買いに行った理由というのは、確か放置ポイントが随分あったために、消費したかったという思いがあったからだ。
(ポイント貯め派じゃないんです)

しかし、ずっと持っている携帯は Docomo なもので、そちらの値引きや特典がもはや年季入って MAX になっているために、Docomo を切るに切れないところまでいってしまっているために、今更 Softbank に MNP とはできないなぁと感じていた。
結局、今のところは携帯2個持ちな状態になってしまった。
(偶然にも見渡す限りの家族親戚が皆 Docomo ユーザばっかりなので、キャリアを乗り換えてしまうと金銭的に不便という理由から)
本当は、調子がイマイチなメイン携帯を買いに行こうと思って、何日か前にホットモックが豊富な秋葉原のヨドバシカメラを物色していたのだが、店に入ったばかりの特等席で iPhone のホットモックを3台位並べて思いっきりキャンペーンをやっていた方に、思わずなびいてしまったのである。
6万以上の値段の某 Docomo 携帯を見に行って首をかしげ、本来の目的を失ってしまったという本末転倒ぶりで、帰り道に悩んでしまったりもした。
その結果、現状の Docomo の携帯は壊れるまで様子見しながら使おうということでてきとーに購入を延期し、数日後に iPhone を買いに行った。

そしてやっと iPhone の話…をする前に少々お礼を。

以前から Skype とか Twitter やそのほか、いろんな方法で楽しく楽しくお誘いして下さった方々に、正直言いまして物凄く感謝しています。
もっと早く買っても全然よかったという位の、大正解な選択でした。
お陰で、私のライフスタイルも大幅に、便利に変わると思います。
いきなり去年の夏に Apple から出たまったく新しいプロダクト、勿論気にならないわけはなかったのです。
とりあえずチキンな私(見かけによらず、とよく言われますがとりあえず)は、第2世代頃になったら買おうかななんて思ってたので、どっちにしろそのうち出会う運命だったのかもしれませんが。
本当にありがとうございました。

そこで、まぁ今更 iPhone の素晴らしさはあちこちのサイトであらゆる角度から紹介されているのでそういう内容は割愛して、そのかわりに yuki 的に iPhone を買ってよかったなぁ、iPhone に出会えて、触ることが出来て、よかったなぁと思う点を箇条書きしてみようかと思う。
あくまで、2,3日使った時点での感想なので、iPhone の諸先輩方は、にやにやしながら青いなぁなんて思いながら下記を読まれるのかもしれませんが(笑

・ iPhone が入った箱が既に開封する前から美しいので、家族に「宝箱みたい!」と言われた!(ほめ言葉としては少々オーヴァーかもとは思うけど嬉しい。こういうところは Apple 最高!!1って思いますよね。

・ さらに開封したところで、箱の中にそっと置かれている本体の美しさ! ちょっと高価なアクセサリを買って帰り、緊張感を伴ってケースから取り出したような感じと似た体験をしてしまった、なんていうエクスペリエンスは流石 Apple magic というべき。加えて、エピネフリン効果もありそうだと思う。頭クラクラしました。

・ コツを覚えてしまえば、体感でどんどん覚えて馴染んでいく操作性の良さ。タッチスクリーンが魅惑すぐるところ。初めての体験にして、何この気持ち良すぎなのは!!1と感動してしまうこと多々(←ここでエロい事考えちゃいけません

・携帯端末でありながらも、携帯でもどかしいなぁと思っていたサイトあれこれが、いとも簡単に PC 版サイトで見ることができる。とりわけ、検索結果のがっかりな携帯サイトから脱却できて嬉しいと同時にメリット大きすぎ。Flash が非対応なのを差し置いてもかなりアドバンテージがあると思う。

・ 通話ひとつ、SMS ひとつにしても、GUI や操作性の気持ちよさがなんともいえない。洗練されている Apple ならではとしか言いようが無い。

・ 使ったあとなどに、無造作にテーブルなどに置いてあっても、ただ存在するだけでもカッコイイ!

と、やはり分かり安すぎといえばそれまでなのだが、Apple 萌えなインプレッションで終始楽しんでいる始末だったりする…。
アプリも魅惑が多いから、贅沢な悩ましい日々がこの先待っていそうなのも皆様の予想通りかと。
permalink | INTERNET | comments(6) | trackbacks(0)
the ジブリ set
the ジブリ set今更かも知れないが、この前迷いながらも、DJ DAISHI の「the ジブリ set」の CD を買ってみた。
結構話題にもなっていた CD だったので、ご存知の方も多いだろう。
また、ヴィレッジ・ヴァンガードでもヘビロテされているので、聴いたことある方も多いはず。

the ジブリ set」は、スタジオジブリの名曲あれこれを、原作の雰囲気を壊さないようにダンス・チューンにアレンジされた楽曲がそろっている。
ダンスアレンジ、と聞くともしかして、ジブリワールドが好きな方の中には不安を感じる方もいらっしゃるかと思われるが、「そういう方面」での心配は少ないかと思う。

全体をとおしてノスタルジックで、やさしい軽快さゆえにピースプル(+少々メランコリック)。
あまりジブリの音楽にピンとこない人でも、聴きやすいノリの良さに、1曲や2曲は気になって耳を貸してしまうかもしれない。
私は、原曲を手がけた久石譲の娘さんがヴォーカルをのせている、1曲目の「天空の城ラピュタ 君をのせて feat.麻衣」がいちばんお気に入りだ。
アレンジとヴォーカルがマッチしていて心地よい。
車の中で聞くのにもいいなぁと思い、最近のお気に入りとなっている。

ただ、アレンジの仕方が単調になりがちなので、全体を長々と聴いていると、少々パターンが似てきて飽きてしまいがちになる。
もう少しだけ凝っていたほうが、私としては好みかもしれない。
ひょっとして、作者の DJ DAISHI 氏は、雰囲気を壊さないのとアレンジを加える間での葛藤があったのではないだろうか。
さじ加減が難しい作品ではあると思うが、久石ワールド・ジブリワールドが好きな方には、一度は聞いてみることをお勧めしてみる。
少なからずの衝撃があるはずだ。
permalink | MUSIC | comments(0) | trackbacks(0)
とあるブロガーズ・マインド
新年明けましておめでとうございます。
そして、とても久しぶりです。

去年は、深い理由は無いのですが、なんとなくここのサイトから離れていたことが多かったので、エントリもほとんど書いていませんでした。
メジャーなところでは twitter とか mixi 、その他あれこれな場所でのコミュニケーションに満足してしていたり、他の事に没頭していたりなんていうのが理由かと思います。
ただ、blog をやめてしまう気はさらさら無かったので、そのうちまたこのフォーマットに戻って来たいと思う日に戻ればいいやと感じていました。

ここのとこ、年末年始という、ちょっと時間がとまったような錯覚をおぼえたりもするこんな特殊な時期に、ここのサイトのことをよく考えていました。
去年(やその前から)お世話になった他の場所たちのあちこちで、貴重な体験や時間や知識を得ることもできまして、本当に感謝しております。
そういう場所も充実した思いもあるのですが、一方でなんかふらふらしていて落ち着きがなかったような気分もあって、自分が落ち着ける場所(自分的なホーム)に何か、日々のあれこれを書き綴りたい気分を取り戻しつつあります。
そんなわけで、今年はもうちょっとエントリが増えるんじゃないかと思います。

どうかよろしくお願いいたします。
permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
twitter と一緒に使っているツール達3種
twitter面白いのだけどなかなか一部の人以外には受け入れてもらうのが困難でもある twitter を、Skype と同様に、自分の周りの人に広めたいなぁとよく思う。
twitter を約1年使用してあれこれ試してきた結果、自分が使っている twitter 周りのツールが3種類に定着してきたので書き記しておこうと思う。
これを読んだ方がひとりでも twitter に触れてくれたら楽しいのだけど、という願いを込めて。

・Firefox + tweetbar
なんだかんだ試していちばん自分に合っていたのがこれ。
 tweetbar は Firefox の機能拡張で、私はいつも、画面右端にデフォルトで表示させている。
(右側に表示させているのは Firefox の機能拡張  All-in-One Sidebar :: Firefox Add-ons にて)
少々タイムラグはあるものの、見やすくて使いやすい。
日本語がきちんと通るのも有り難い。
Windows でも Mac でも愛用している。

・Twitter:@あらったー!
 @あらったー!は、私的には最近いちばん有難みを感じているツールで、 @dk19810313 さんの、@付きメッセージをメールでお知らせしてくれるサービス。
常に twitter を眺めて @入りメッセージを探すのはなかなか困難なので、私の場合は、gmail アドレスで受けて、携帯に転送するように設定しているが、直に携帯に送信する方法で良さそうな気がしている。
便利すぎで twitter 熱が上がったという発言は本邦初公開だったり。

・MovaTwitter
私の場合、携帯からは、@fshin2000 さんMovaTwitter にお世話になりっぱなしだったりする。
どこでも手軽に twitter できるようになるので素晴らしい。
レスのしやすさなどがいい感じで、外出していても暇だとついつい使ってしまう。



permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
Zライト Z-999 を購入してみました
Z-999かねがね気になっていて Amazon で購入したにもかかわらず、実はしばらく部屋で放置していたというデスクライト Zライト Z-999 のライトグレー色を、ようやっと設置した。
ひとくちで言えば、なまけ心が損を招いていたなぁと痛感した。
こんなに快適ならば、もっと早く設置すればよかったものを、と思ってしまった。
その位にナイス。

Z-999を選んだのは、自分の机事情の都合から、クランプ留めできるもので、さらに直接目にあたらないで広く照らしてくれる照明が欲しかったからだ。
また私は左利きなので、左右非対称なデザインのものは避けた。
左右非対称なもの=右利き仕様、と言いきってもいい位で、右利き仕様のデスクランプは意外と多いものだったりする。
あれこれ選んでいる時にはちょっと落ち込んだりもした。

また、自分の部屋は、なごみ部屋である一方で作業スペースでもあるため、作業時にはちょっと不似合いな照明(louis poulsen の ORBITER PENDANT)が付いていたりもする。
日頃はそれがお気に入りなのだが、作業をする時には、まともなデスクライトが無いと頭痛がしてくる程だったりもするのでちょっと困る。
これを付けていて作業部屋とはwwwwwとは思うが、こういう部屋でマシンと照明とを共存したいので仕方がない。

結局、自分の部屋でそんなに浮かないで使えそうなもので、かつ実用的なのをというチョイスで、Z-999 に行き着いたという感じ。
当初は、24の CTU のオフィスで使われているみたいなデスクライトが欲しかったのだがwww(はまり過ぎ

取り付けについては、角にそんなにアールの付いていない机のため、クランプの取り付けも難なく終わり、開封して5分足らずで使用できた。
(クランプがくわえている長さは、上部が50mm、下部が25mmφ程度)
アームはスムーズに動いて問題なさそうなので、ディスプレイと手元を照らすように、そこの真上にセットした。
明るさは、明るすぎず暗すぎずで快適。
シェードの根元付近にあるスイッチの感触もちょっと平ら目なのを押すのだが、少し気持ちが良い。

たった明かり1つの話なのだが、こんな感じで新しい環境が出来上がって、新鮮な気分にもなれた。
たかが明かり、されど明かり。

様子をヘボ携帯で撮影しましたので、よろしければどうぞ。
Z-999 タグ付きは1番目のリンクから、ご覧になっている日時が早めならば下方側の2番目のリンクの方からのが見やすいかもです。


 Flickr: yuki - meirin's photos tagged with z999

 Flickr: Photos from yuki - meirin
 


permalink | PERSONAL | comments(0) | trackbacks(0)
ポストの場所を書き込んで作る 〒MAP
postmap私は、ポストには日常的にかなりお世話になっているため、〒MAP のようなサイトは有難い。
最近はよくありがちな Google マップとのマッシュアップサイトではあるが、これはポストをよく利用する人にとっては便利なものだ。
ポストの場所情報は勿論のこと、投函口の大きさ・集配時間・ポストの画像など、ポストに関する情報が網羅されている地図を利用することができる。

とはいえ、ポストのデータは誰かがマッピングしてくれたものの集合であって、また、たくさんの人の手によって日々充実していっているものでもあるので、もちろん完璧ではない。
うちの自宅の近所もあまり登録されていなかったので、私も、少々分かる範囲のポストをマッピングしてみた。
きっと私は、少々知らない場所でのポスト探しにこのサイトにお世話になりそうなので、せめてお返しに協力したいという思いから行ってみた、という感じ。

しかし、このサイト内にある注意書きが面白い。
ポストマップへのマッピングには中毒性がありますので、やり過ぎにはご注意下さい。視力低下、けんしょう炎を招く恐れがあります。

マッピングをやりすぎるとはまる、という訳か。
やり始めると意外と面白い作業だったりもするので、この説明は分からなくもない。

 ポストマップ | ポストをひたすらマッピング
permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
iKnow! で手軽に英語のリスニングを
最近、最近自宅に帰ってから漢検 DS をよくやっているのだが、英語もやろうかと思ってソフトを買いに行こうかとも思ったのだが、話題の iKnow! をしばらくやってみることにした。
無料かつオンラインのサービスで、どのような内容なのかは正直言って期待していなかったのだが、ちょっといい意味で裏切られた。
このサイトはかなり凄いと思う。

 iKnow!

iKnow!単語を覚えながら虫食いのセンテンスを補充する iKnow! と、実際に英文を聴いて書き取りを行う Dictation があり、手軽に続けられそうな雰囲気の構成になっている。
ジャンルや難易度に応じて好きなコースを選択できる。
例文も豊富でいい感じだ。
また、このサイトの良いところは、ネイティブの英文や単語がたくさん聴けるところにある。
机上ではなかなか実現しない環境が整っているという点が、ほんとうに画期的だと思う。
(ディクテーションの英文が何度でも聴けるというのも魅力的…)

iKnow! が普通の英語学習サイトかと思いきや、SNS 的な機能も持ち合わせていて、人間関係のつながりを構築できる。
友達同士で登録しあって行えば、モチベーションも上がって楽しめる。
勉強系とはいえ、学校の授業とはまた異なるものだし、そうやって張り合うことで楽しめる人は多いのではないかと思う。
(私へのフレンド登録は基本的に大歓迎です)

私の場合、もともと大した英語力があるわけでもないのだが、日頃あまり英語に触れなくなってしまった生活パターンなのもあり、なかなか思ったようにディクテーションが出来ないことも多い。
単語1つにしても、以前は余裕で分かっていたあの単語が今は…なんてのはざらにあるので悲しい。

しかし、少しでもそういう状態を改善しようかと思い、やり始めると結構はまって、夢中になっている自分がいた、なんてこともしばしば。
悲しいかな、そんなところからも学習意欲が湧いてきたりするものだ。

permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
I T E M S
hhstyle.com←大好きで愛用中な、イサム・ノグチの coffee table。
足のかたちの美しさはもちろん、ガラスの厚みが優美さをかもし出しています。
居間でノート PC などを置いて使っていますが、なかなかふつーの部屋でもマッチしてくれてるのでフレンドリーです。
買ってかなりよかったですww

温浴の達人【心も身体もポカポカ「温浴名人」】← こんなのあったらお風呂楽しすぎてやばいと思われるお風呂用の石セットです。
ゲルマとかラジウムとかトルマリンとかその他いろいろ詰まってて、水ヲタな私としては、今ちょー気になりまくりアイテムです。
見ているだけでも楽しすぐるww

L I N K S
hhstyle.com
yuki loves ...
My status
www.flickr.com
yuki - meirin's photos More of yuki - meirin's photos
last.fm
Join the FON movement!




Categories


Recent Comments
  • 奈良の引越しオバハンのFLASHや着メロまであるのですよ
    引越し (08/10)
  • ふざけてるけど手ごわいタイピング速度測定
    (05/22)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/17)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/01)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    kazutoshi (11/25)
  • ブログと掲示板の違いは、ライブドアとどこでもドアの違いと同じ位ありそう
    高橋 美恵 (11/23)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (11/12)
e-t-c.
mail