twitter follow badge
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | -
iPhone を買った話と、ファースト・インプレッションとお礼
タイトルどおり、先日とうとう iPhone 所持者となった。

去年から最近まで、たくさんの方からいろんな手段で、「You, iPhone買っちゃいなよ!!1」的なお誘いシャワーをたっぷりいただいて洗脳されてしまったところで、加えて最近の iPhone のキャンペーンにとどめを刺され、超速で5万円を My 財布に入れて、とうとう地元のヤマダ電機に走っていってしまった、という訳で。
ちなみに、ヤマダ電機に買いに行った理由というのは、確か放置ポイントが随分あったために、消費したかったという思いがあったからだ。
(ポイント貯め派じゃないんです)

しかし、ずっと持っている携帯は Docomo なもので、そちらの値引きや特典がもはや年季入って MAX になっているために、Docomo を切るに切れないところまでいってしまっているために、今更 Softbank に MNP とはできないなぁと感じていた。
結局、今のところは携帯2個持ちな状態になってしまった。
(偶然にも見渡す限りの家族親戚が皆 Docomo ユーザばっかりなので、キャリアを乗り換えてしまうと金銭的に不便という理由から)
本当は、調子がイマイチなメイン携帯を買いに行こうと思って、何日か前にホットモックが豊富な秋葉原のヨドバシカメラを物色していたのだが、店に入ったばかりの特等席で iPhone のホットモックを3台位並べて思いっきりキャンペーンをやっていた方に、思わずなびいてしまったのである。
6万以上の値段の某 Docomo 携帯を見に行って首をかしげ、本来の目的を失ってしまったという本末転倒ぶりで、帰り道に悩んでしまったりもした。
その結果、現状の Docomo の携帯は壊れるまで様子見しながら使おうということでてきとーに購入を延期し、数日後に iPhone を買いに行った。

そしてやっと iPhone の話…をする前に少々お礼を。

以前から Skype とか Twitter やそのほか、いろんな方法で楽しく楽しくお誘いして下さった方々に、正直言いまして物凄く感謝しています。
もっと早く買っても全然よかったという位の、大正解な選択でした。
お陰で、私のライフスタイルも大幅に、便利に変わると思います。
いきなり去年の夏に Apple から出たまったく新しいプロダクト、勿論気にならないわけはなかったのです。
とりあえずチキンな私(見かけによらず、とよく言われますがとりあえず)は、第2世代頃になったら買おうかななんて思ってたので、どっちにしろそのうち出会う運命だったのかもしれませんが。
本当にありがとうございました。

そこで、まぁ今更 iPhone の素晴らしさはあちこちのサイトであらゆる角度から紹介されているのでそういう内容は割愛して、そのかわりに yuki 的に iPhone を買ってよかったなぁ、iPhone に出会えて、触ることが出来て、よかったなぁと思う点を箇条書きしてみようかと思う。
あくまで、2,3日使った時点での感想なので、iPhone の諸先輩方は、にやにやしながら青いなぁなんて思いながら下記を読まれるのかもしれませんが(笑

・ iPhone が入った箱が既に開封する前から美しいので、家族に「宝箱みたい!」と言われた!(ほめ言葉としては少々オーヴァーかもとは思うけど嬉しい。こういうところは Apple 最高!!1って思いますよね。

・ さらに開封したところで、箱の中にそっと置かれている本体の美しさ! ちょっと高価なアクセサリを買って帰り、緊張感を伴ってケースから取り出したような感じと似た体験をしてしまった、なんていうエクスペリエンスは流石 Apple magic というべき。加えて、エピネフリン効果もありそうだと思う。頭クラクラしました。

・ コツを覚えてしまえば、体感でどんどん覚えて馴染んでいく操作性の良さ。タッチスクリーンが魅惑すぐるところ。初めての体験にして、何この気持ち良すぎなのは!!1と感動してしまうこと多々(←ここでエロい事考えちゃいけません

・携帯端末でありながらも、携帯でもどかしいなぁと思っていたサイトあれこれが、いとも簡単に PC 版サイトで見ることができる。とりわけ、検索結果のがっかりな携帯サイトから脱却できて嬉しいと同時にメリット大きすぎ。Flash が非対応なのを差し置いてもかなりアドバンテージがあると思う。

・ 通話ひとつ、SMS ひとつにしても、GUI や操作性の気持ちよさがなんともいえない。洗練されている Apple ならではとしか言いようが無い。

・ 使ったあとなどに、無造作にテーブルなどに置いてあっても、ただ存在するだけでもカッコイイ!

と、やはり分かり安すぎといえばそれまでなのだが、Apple 萌えなインプレッションで終始楽しんでいる始末だったりする…。
アプリも魅惑が多いから、贅沢な悩ましい日々がこの先待っていそうなのも皆様の予想通りかと。
permalink | INTERNET | comments(6) | trackbacks(0)
とあるブロガーズ・マインド
新年明けましておめでとうございます。
そして、とても久しぶりです。

去年は、深い理由は無いのですが、なんとなくここのサイトから離れていたことが多かったので、エントリもほとんど書いていませんでした。
メジャーなところでは twitter とか mixi 、その他あれこれな場所でのコミュニケーションに満足してしていたり、他の事に没頭していたりなんていうのが理由かと思います。
ただ、blog をやめてしまう気はさらさら無かったので、そのうちまたこのフォーマットに戻って来たいと思う日に戻ればいいやと感じていました。

ここのとこ、年末年始という、ちょっと時間がとまったような錯覚をおぼえたりもするこんな特殊な時期に、ここのサイトのことをよく考えていました。
去年(やその前から)お世話になった他の場所たちのあちこちで、貴重な体験や時間や知識を得ることもできまして、本当に感謝しております。
そういう場所も充実した思いもあるのですが、一方でなんかふらふらしていて落ち着きがなかったような気分もあって、自分が落ち着ける場所(自分的なホーム)に何か、日々のあれこれを書き綴りたい気分を取り戻しつつあります。
そんなわけで、今年はもうちょっとエントリが増えるんじゃないかと思います。

どうかよろしくお願いいたします。
permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
twitter と一緒に使っているツール達3種
twitter面白いのだけどなかなか一部の人以外には受け入れてもらうのが困難でもある twitter を、Skype と同様に、自分の周りの人に広めたいなぁとよく思う。
twitter を約1年使用してあれこれ試してきた結果、自分が使っている twitter 周りのツールが3種類に定着してきたので書き記しておこうと思う。
これを読んだ方がひとりでも twitter に触れてくれたら楽しいのだけど、という願いを込めて。

・Firefox + tweetbar
なんだかんだ試していちばん自分に合っていたのがこれ。
 tweetbar は Firefox の機能拡張で、私はいつも、画面右端にデフォルトで表示させている。
(右側に表示させているのは Firefox の機能拡張  All-in-One Sidebar :: Firefox Add-ons にて)
少々タイムラグはあるものの、見やすくて使いやすい。
日本語がきちんと通るのも有り難い。
Windows でも Mac でも愛用している。

・Twitter:@あらったー!
 @あらったー!は、私的には最近いちばん有難みを感じているツールで、 @dk19810313 さんの、@付きメッセージをメールでお知らせしてくれるサービス。
常に twitter を眺めて @入りメッセージを探すのはなかなか困難なので、私の場合は、gmail アドレスで受けて、携帯に転送するように設定しているが、直に携帯に送信する方法で良さそうな気がしている。
便利すぎで twitter 熱が上がったという発言は本邦初公開だったり。

・MovaTwitter
私の場合、携帯からは、@fshin2000 さんMovaTwitter にお世話になりっぱなしだったりする。
どこでも手軽に twitter できるようになるので素晴らしい。
レスのしやすさなどがいい感じで、外出していても暇だとついつい使ってしまう。



permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
ポストの場所を書き込んで作る 〒MAP
postmap私は、ポストには日常的にかなりお世話になっているため、〒MAP のようなサイトは有難い。
最近はよくありがちな Google マップとのマッシュアップサイトではあるが、これはポストをよく利用する人にとっては便利なものだ。
ポストの場所情報は勿論のこと、投函口の大きさ・集配時間・ポストの画像など、ポストに関する情報が網羅されている地図を利用することができる。

とはいえ、ポストのデータは誰かがマッピングしてくれたものの集合であって、また、たくさんの人の手によって日々充実していっているものでもあるので、もちろん完璧ではない。
うちの自宅の近所もあまり登録されていなかったので、私も、少々分かる範囲のポストをマッピングしてみた。
きっと私は、少々知らない場所でのポスト探しにこのサイトにお世話になりそうなので、せめてお返しに協力したいという思いから行ってみた、という感じ。

しかし、このサイト内にある注意書きが面白い。
ポストマップへのマッピングには中毒性がありますので、やり過ぎにはご注意下さい。視力低下、けんしょう炎を招く恐れがあります。

マッピングをやりすぎるとはまる、という訳か。
やり始めると意外と面白い作業だったりもするので、この説明は分からなくもない。

 ポストマップ | ポストをひたすらマッピング
permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
iKnow! で手軽に英語のリスニングを
最近、最近自宅に帰ってから漢検 DS をよくやっているのだが、英語もやろうかと思ってソフトを買いに行こうかとも思ったのだが、話題の iKnow! をしばらくやってみることにした。
無料かつオンラインのサービスで、どのような内容なのかは正直言って期待していなかったのだが、ちょっといい意味で裏切られた。
このサイトはかなり凄いと思う。

 iKnow!

iKnow!単語を覚えながら虫食いのセンテンスを補充する iKnow! と、実際に英文を聴いて書き取りを行う Dictation があり、手軽に続けられそうな雰囲気の構成になっている。
ジャンルや難易度に応じて好きなコースを選択できる。
例文も豊富でいい感じだ。
また、このサイトの良いところは、ネイティブの英文や単語がたくさん聴けるところにある。
机上ではなかなか実現しない環境が整っているという点が、ほんとうに画期的だと思う。
(ディクテーションの英文が何度でも聴けるというのも魅力的…)

iKnow! が普通の英語学習サイトかと思いきや、SNS 的な機能も持ち合わせていて、人間関係のつながりを構築できる。
友達同士で登録しあって行えば、モチベーションも上がって楽しめる。
勉強系とはいえ、学校の授業とはまた異なるものだし、そうやって張り合うことで楽しめる人は多いのではないかと思う。
(私へのフレンド登録は基本的に大歓迎です)

私の場合、もともと大した英語力があるわけでもないのだが、日頃あまり英語に触れなくなってしまった生活パターンなのもあり、なかなか思ったようにディクテーションが出来ないことも多い。
単語1つにしても、以前は余裕で分かっていたあの単語が今は…なんてのはざらにあるので悲しい。

しかし、少しでもそういう状態を改善しようかと思い、やり始めると結構はまって、夢中になっている自分がいた、なんてこともしばしば。
悲しいかな、そんなところからも学習意欲が湧いてきたりするものだ。

permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
たまには Japanese Kanji Dictionary で漢字トリビアを
久しぶりのエントリです。
時間に追われて足元すくわれてしまったり、酔っ払ってうっかり寝てしまってその日が過ぎてしまっている自分がちょっと悔しかったりします。
ちょこっとずつでもエントリを UP していきたいものですね…。

先日、年賀状を用意しないといけない時期になってきていて、慌てて葉書に面と向かい、久しぶりにきちんと日本語らしいものを書くなぁなんて、おかしな気分になってしまった。
(決して日本語を書かない暮らしとか仕事とかしているわけではありませんので悪しからず。なかなか手紙とか出さないものでつい…)
それと最近は漢検 DS をやって遊んでいるので、にわかに手で漢字を書くニーズ(?)が増えてきた。
そんなこんなでなぜか微妙に漢字に興味が湧いて調べていたら、なぜか英語圏向けの漢字関連サイトが面白くていろいろ見入ってしまった。
お気に入りは下記のサイト。
漢字の意味が英語で詳しく解説してあり、日本人でも興味深いところが多々ありそうでお勧め。

Japanese Kanji Dictionary

また、外国の方に自分の名前の漢字の意味を教えてあげるときなどに、こんなサイトでチェックして解説してあげても面白いかもしれないとも思った。
「yuki の漢字って、snow って意味ですか?」みたいなことを英語圏の人になぜかよく聞かれるので、そういう時にもこういうサイトで予習しておけばよかったのかもと今更ながら反省してみたり。。。

permalink | INTERNET | comments(2) | trackbacks(0)
ドラマのロケはどこでやっているのだろうという素朴な疑問を解く
知人が先日、「今度、月9にやる福山雅治と柴崎コウのドラマの撮影が、自宅の近所で行われているんだ」という話をしていたのを思い出した。
撮影なんてそんな、自分の地元ではそんなに行われないものだろうから、これはさぞかし面白いだろうなぁと思った(ちょびっと羨ましす)。

自宅の近くでロケなんて行われた経験は、知っている範囲では残念ながら1度たりとも無いのだが、たとえば自分の通ってた大学は、小さい学校ながらも、たまにドラマなどに使用されていたのを記憶している。
そんな事を思い出したのも手伝って、知っている身近な場所でどんな撮影がされたことがあるのかを調べてみることにした。

 全国ロケ地ガイド:ドラマ・映画・特撮の撮影場所案内

とりあえず調べたのは、地元付近と、自分が通ってた学校類。
以外に知らないものも多かったので、へぇ〜と言いたくなる感じだった。
詳しく書くと「地元」具合や出身校ががかなり分かってしまうので、詳細は割愛。
都内では、撮影なんていくらでもあるに違いないけれど、それ以外の地域の人々は、いちど眺めてみるとかなりおもしろいかと思う。

ついでに、知人の言っていたドラマというのは、先日から始まった「ガリレオ」というドラマだった様子。
うまく仕事から早く帰れたら(&思い出したら)見てみようかなぁなんて思っていたら、早速見忘れた。
滅多にドラマを見ないので、無理もないか…。
permalink | INTERNET | comments(3) | trackbacks(0)
デジタル書類生活
document_scanner前の会社で仕事をしていたときに、毎日かなりの枚数の紙のスキャンを、ドキュメントスキャナを使って行っていた。
PC に読ませて、ソフトで管理するためである。
これはそもそも、日々の終わった仕事内容を閲覧しやすくするためと、不特定多数の人が見る資料でもあったので、知らないうちに誰かに紛失されてしまう前にデジタル化してしまおう、という目的から実験的に行ってみたものだった。

これを行う前には、資料探しにものすごく手間取り、そのために仕事がしばしば中断していたのだが、すべてスキャナを通して管理してしまえば非常に便利になった。
検索すればすぐにお目当ての資料が出てくるようにはなるし、かつ、オリジナルの資料を(これは本来なくされては困るものだったのだが)紛失されてしまってももはやリスキーでないし、また、その資料を置くスペース自体も巨大なものだったため、デジタルで保管しておけば場所要らずと、8割がたはおいしいことばかり。
残り2割は、紙で確認することができる視認性(紙の見易さにはかなわない・カラーの原稿をモノクロで出力すると印刷結果が読みづらいなど)だろうか。
しかし、頭の痛かったことが、一気に3つ解消されたのだから良かったのではないかと思う。
実際、使い始めてからは手放せない便利さになっていてやめられなかったのだから、大成功ものである。

この作業を行ってみた結果、

スキャナに通している時間 < 紙資料をさがしている時間

なのは明らかだったため、時間短縮にもつながり、非常に効率よく、気持ちよく仕事のプロセスを改善できたものだった。
そもそもスキャナに通すという作業自体が、ながら作業で行えるものだから楽というのもある。
しかし、私の後任になった人が今でもこの機能を使用しているのかどうかは少々ながら気になるのだが、現在どうなっているかは分からない。

最近は、今の会社でも紙資料をデータとして保管する作業を行っている。
資料や図面などが手軽にまとめられるのはもちろんのこと、記憶の糸をたぐりながらのデータの検索に役立っている。
まだ手馴れない部分が多いので戸惑ったりすることもあるが、時間が経過してきたら役立ってくるに違いない。
ただ、検索しやすくするための「仕掛け」をうまく入れておかないと機能が半減してしまうため、その加減をあれこれ実験中だったりもする。

paperさらに、自宅でも同じことをやりたくなってきた。
やはり自宅でも、あちこちに断片的になっている資料を、仕事でやっていたのと同じようにまとめて PC の中に放り込んでおいて、適宜検索で呼び出したらかなり楽だなぁと思う。
あるいは、買った本である程度よかった物を、思い切って裁断機で束の部分を落としてしまい、読み込ませておいたらいいなぁとも思う(きっと、一番大事な書籍は本棚に入れていると思うので、その次のランクにあたる本などを…)。
本を1冊まるごとスキャンするとは言っても、ドキュメントスキャナには大概オートフィーダがついているもんだから、例えば100枚ずつ位でセットしておけば、あとは勝手に両面読み込んでくれる。
思ったほど手間も少ないのだ。
そして、これをしっかり行った後には、絶対に部屋が広くなるはず。

スキャンしたデータを管理するのに使用しているのは、DocuWorks というソフトだ。
なによりも軽さが魅力的で、いまのところ、他のソフトが追随できないのではないかと思う。
また、見やすい・使いやすい作りになっている。
整理するのに階層も作れるし、必要なところには付箋を貼ったり文字や線の記入もできる。
検索スピードの速さ・こまやかさもかなり便利だ。
しかしいつも思うのだが、Mac 版が無いのが惜しすぎる(そして、ぶっちゃけ見た目が結構ダサいので、ちょっとでいいからカッコよくして欲しいなぁとか…)。

ドキュメントスキャナは、CANON DR-2050C を使用していた。
(現行で販売しているのは、DR-2050CII という機種のようだ)
うまく get できたらやってみるか、と目論んでいるところが今の時点だが、ソフトはともかくスキャナ自体の値段がネックになっているところだったりして…。
フラットヘッドでもいいのだが、手間のかかりようがかなり異なる。
精度ならフラットヘッド型が優位だろうけど、ドキュメントスキャナの読み込みスピードはたのもしい限りだ。

ちなみに私は、一旦どこかに記憶を預けてしまったデータについては頭の中からすっきりさせたいというご都合 GTD 的な性格で、裏を返せば、確認しないといちいち思い出せないキャパシティの人間だったりする。
預けている所在や資料の検索方法が明らかならばいいかと思って割り切っているが、いいのやら悪いのやら。

permalink | INTERNET | comments(0) | trackbacks(0)
コンタクト手段を広げておくこと
skype本当はこんな話だけでは済まないのだけれど、可能性を広げておくということでやりたいことを1つ。

何日か前に、新潟を中心に大きな地震が起きて、私の住んでいる埼玉県でも何度も揺れを感じた。

こういう時には当然、震源に近いところに住んでいる家族や親戚や友人などに、なんらかの手段で連絡をとると思われるが、こういう時の連絡方法は、可能性でもいいのでなるべく多く持っていたいと思った。

携帯がうまく使える状況ならば便利だが、バッテリーが無くなってしまったり、混雑で繋がらなかったり、基地局がだめになってしまう時もある。
自分の携帯は、今日は通信状態がどうも良くない感じで、関係ないところでもたまに途切れたり通信エラーが起きてしまったりしてしまった。
(今はもう普通に動作しているようだけど)

携帯がうまく機能していないときでも、もしもネットが使える環境ならば、メールや Skype のようなソフトで連絡をとることができる。
Skype のボイスメールにメッセージを入れておいてもらうこともできる。
PC からのメールが携帯宛てに届かなくて困る場合にも、SNS 越しでメッセージを送信して、相手の PC や携帯などに間接的に知らせることが出来るかもしれない。
どこかにインターネット環境があれば、コンタクトをとる手段が確実に増える。

とりあえず、非常時のために最低1つの web メールと Skype アカウント、連絡を取り合うのに便利そうな SNS アカウントなんてあるといいのかもと思う。
避難袋には Firefox や Skype などのポータブルアプリを詰めた USB ストレージも加えておくとか。
permalink | INTERNET | comments(3) | trackbacks(0)
Amazon のウィッシュリストで欲しいものをアピールしてみる?
: : : delirium-yuki : : : | メールアドレスだけでギフトを届けることができる、メール de ギフト というエントリを書いてみたところ、Going My Way の kengo さんから、Amazon のウィッシュリスト(Wish List)のことを教えていただきました。
有難うございます。

というわけでウィッシュリストのレビューを少々。

相手情報が分からなくても相手の欲しいものを送ることができるというのは、形は少々異なるものの Amazon の ウィッシュリストも同じで、使い方次第では面白そうな要素いっぱいのサービスだったりする。

ウィッシュリストとは、早い話が「欲しいものリスト」のことで、Amazon のサイト内でだれでも作成し、公表することができる。
贈り物を受け取る人の側がアピール半分に(?)書いておくと良さそうだ。

だれでもアクセスすることのできるウィッシュリストは、贈り物をしたいと考えている人ももちろん見ることができる。
それを元に、贈り物をしたい側の人は、ウィッシュリストからショッピングカートに品物を入れて、決済画面に進めるようになっている。
次の配送先の選択画面で、その相手の住所にギフトとして送付することができるようになっているという仕組みだ。
配送先は、自分宛にも指定できるので、いつもどおりのショッピングもできる。
人が勧めている(欲しがっている)本などで、自分もちょっと興味がわいて欲しくなったときにも便利だと思う。

以前私は、このサービスはプライバシー上どうなんだろうかと疑問に思う部分があって、ウィッシュリストの存在を知りつつも使用しなかった経緯がある。
せっかく教えていただいていい機会なので、ちょっとリストを作成してみた。
「こうやって書いておくと、誰かが買ってくれちゃったりするのかなぁ?!超wktk!!」などと、ありえない級の期待はしてませんので、お気軽にご覧あれ。

: : delirium-yuki wishlist : :

リストは、欲しいものが画像と名前で表示され、もちろん値段もひと目でわかる。
ワンクリックでカートに入れることができるのも、従来の Amazon と同様なので分かりやすい。
送付先の名前・都道府県・市町村がオープンになってしまうので、住所はともかく名前が表示されるとちょっと嫌だったので、住所の中にうまくアレンジして名前まで入れてしまうという手段で今回はごまかしてみた。
(ちゃんと届けてもらえるのかという点ではおおかた大丈夫だろうけど、決して見やすくないだろうから、配送業者の人にはちょっと迷惑な気がする…)
permalink | INTERNET | comments(4) | trackbacks(0)
I T E M S
hhstyle.com←大好きで愛用中な、イサム・ノグチの coffee table。
足のかたちの美しさはもちろん、ガラスの厚みが優美さをかもし出しています。
居間でノート PC などを置いて使っていますが、なかなかふつーの部屋でもマッチしてくれてるのでフレンドリーです。
買ってかなりよかったですww

温浴の達人【心も身体もポカポカ「温浴名人」】← こんなのあったらお風呂楽しすぎてやばいと思われるお風呂用の石セットです。
ゲルマとかラジウムとかトルマリンとかその他いろいろ詰まってて、水ヲタな私としては、今ちょー気になりまくりアイテムです。
見ているだけでも楽しすぐるww

L I N K S
hhstyle.com
yuki loves ...
My status
www.flickr.com
yuki - meirin's photos More of yuki - meirin's photos
last.fm
Join the FON movement!




Categories


Recent Comments
  • 奈良の引越しオバハンのFLASHや着メロまであるのですよ
    引越し (08/10)
  • ふざけてるけど手ごわいタイピング速度測定
    (05/22)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/17)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/01)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    kazutoshi (11/25)
  • ブログと掲示板の違いは、ライブドアとどこでもドアの違いと同じ位ありそう
    高橋 美恵 (11/23)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (11/12)
e-t-c.
mail