twitter follow badge
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | -
「チャッキョ」なんて分からなくてアレな話
softbank言葉は流れゆくもので、なかなか分からない新しい言葉なんてざらにある。
それらみんなに追いつければ苦労もないのだが、そうもいかないのが現実。

ある日妹が友人に相談をしていた話というのをしていた。
その時、「そんな奴チャッキョすればいいじゃん」と言われたのだという。
私は「ちゃっきょ?!」と聞きなおし、じきに、「ああ〜着信拒否のことをチャッキョっていうのか!なるほどぉ〜」なんて具合に自動修復するごとく、勝手に理解した。
そして私は、「やばいわ〜最近の若い言葉がよく分からんしww」とか言いながら笑っていたのだが、この時ちょっとだけ自分の年齢を呪ったのは言うまでも無い。

ちなみに、そんなイミフな言葉に出くわしたときには、goo 辞書がたのもしかったりする。
新語も積極的に導入しているので、比較的新しいためになかなか見当たらない言葉も載っていたりする。
国語辞書が、新語辞書も兼ねているかたちになっているので、気軽に検索しやすいのも特徴だ。
goo 辞書で調べてみたら、「着拒 [ちゃっきょ]」という項がちゃんとあった。
(良いのか悪いのかは別として…)

 着拒 【ちゃっきょ】 - goo 辞書

おまけの話だが、「そんな奴チャッキョだよ」と言ってた人は18歳らしいので、そろそろ18歳会話についていけてないのだろうか私…orz
permalink | DAILY | comments(6) | trackbacks(0)
ラスボスに備えるお受験スリッパ
お受験というのは長い戦いで、知り合いの知り合いあたりの人を眺めると、名門校目指してあれこれ奮闘しているお母さんをちらほら見受ける。
もちろん、子供本人も頑張っていて、楽じゃないだろうなぁと思うとちょっと複雑な気分にもなる。
私の場合、むしろ自分がもう1回大学にお受験しに行きたい身分だわー、とかバカな事いうくらいしかできないのがいろんな意味で悲しい身分だったりして。
ついでに、今度受けるなら理系なものがいいなぁとかアバウトにトンデモ発言をしてみたりする。
まぁ筆記試験であっさり落とされるのがオチなので、その費用で洋服でも買ったほうが有意義かもなぁ…orz

さて話を戻して、そんなお受験に挑むお母さん側必須の装備といえば、「お受験スリッパ」なのだろうか。
全然関係ないものを検索していたら偶然発見したのだが、正直ちょっと吹いた(必要な親御さんには失礼かもだけど…)。

しかし、これを履くことによって TPO 的にバッチリで、これのお陰で1つ邪念を消し去る事ができて面接に挑めるのならば、竜王との戦いに備え、ロトの剣とまではいかなくても盾あたりを装備した勇者みたいな心持ちになれるかも知れませんな。
余計なあれこれを懸念するよりは、装備しておくのがもっともだ、と思わせる、上手いアイテムだなぁとちょっと感心してしまった。
販売元はなにげに商売うまいと思う。

【楽天市場】入学式、面接、卒業式にお受験あんしんスリッパ★携帯用袋付き:カジュアル雑貨ビューピィ
permalink | DAILY | comments(2) | trackbacks(0)
Starbucks の Create Your Own Tumbler 画像を手軽に作る
Create Your Own Tumbler
朝も晩も年中コーヒーが欠かせない私には、保温のきくタンブラーが有り難いアイテムとなっている。
ながら作業のときや、手軽に飲みたいときにはタンブラーを使っている。
仕事をしていた時にも、机の傍らにはタンブラーという感じ。

保温性に一番優れているのはのはステンレス製のものだが、デザインで遊ぶならば、スターバックスで販売されているクリエイト・ユア・タンブラー(Create Your Own Tumbler)という、透明なプラスチック製のタンブラーが面白い。
タンブラーの外側と内側の間に紙を入れる隙間があって、そこに自分の好きな絵柄の紙などを入れたりできるというもので、自分だけのお気に入りデザインのタンブラーに仕上げる事ができる。

タンブラーに使うための用紙を用意するために、ちょっとだけ工夫が必要だ。
Create Your Own Tumbler は、スターバックスで飲み物を注文したときに出てくる紙製のカップに似た形状をしている。
ということは、タンブラーに挟み込む紙などの形状は、長方形ではなくて、少々扇形のものなる。

この扇形を作りやすくするために、スターバックス公式サイト内のクリエイト・ユア・タンブラーでも各サイズのテンプレートが配布されているが、もっとお手軽に作成するために、手持ちの画像を扇形に自動変形してくれるツールがある。

 スターバックスをもうちょっと楽しんでみる
 
ここのサイト内にあるクリタンメーカーというソフトは、手持ちの長方形の画像を手軽に扇形画像に変換することができる。
シンプルな作りながらも、サイズや解像度の選択も可能なので便利だ。
Create Your Own Tumbler のカスタムをしてみたい人で、画像加工に慣れない人でも楽しく使えそうなツールだと思う。
変形をしたファイルをプリントして、出てきたものをはさみで切れば出来上がり。
permalink | DAILY | comments(3) | trackbacks(0)
桜の咲く夜
sakura
今年は少々早めに桜が咲く季節に突入し、地元(埼玉県川口)でも、今週末にはお花見?というムードにになっているようだ。
暖冬だった影響もあって、咲くのが早いなぁと思い、日時の流れる早さに余計戸惑ってしまったりもする。

そんな桜の情報を早く知りたい場合には、公式のサイトを参照するのもいいかと思うが、15,000人近い調査メンバーが情報を出し合う、天気サイトの桜専用チャネルでいち早いローカルの情報を得るのも良さそうだ。

 さくら情報 - ウェザーニュース

ところで私の場合、飲み食い盛大にお花見、というのも楽しいのはもちろんのこと、散歩がてらに夜桜を見に行くのがとても楽しみだったりもする。
夜に見る桜はまた昼とは全く異なり、可憐さを持ち合わせながらも妖艶なもので、思わず見入ってしまう。
そして、その美しさに見とれながら、不思議な気分に浸ることもできる。
アルコールが入っているとなかなかこうもいかないので、これはまた独特の楽しみなのだ。

ちなみに地元の話になってしまうが、文化放送近くの見沼用水沿いを歩くのが、ここ数年のパターンだったりする。
今年も多分、しばしの美を堪能に行くと思う。
permalink | DAILY | comments(0) | trackbacks(0)
マインドマップ思考
これから書こうとしているエントリは結構抽象的になってしまうかもしれないが、何だか最近感じてたことを書き出してみようかと思っている。

もう何年も前から私は、物事をちょっと広い目でとらえて考えなければならないことは、全部マインドマップにして整理していた。

マインドマップとは、シンプルで簡単なだけではなく、記憶・想起力の強化などの効果をすぐに実感できる、脳の仕組みにそったノート法のこと。
思考を整理するときや、勉強法、アイディア出しに適している。
また、使い方次第では、プレゼンテーション、会議のアジェンダや議事録作成などビジネスへの応用も可能だ。

マインドマップは、簡単に言うと、中心になるアイディアから線を引いて、その線の上に絵や言葉を書いていくというただそれだけのものです。普通のノートのように線形に書いていくのではなく、非線形・放射状にキーワードを広げていくという手法です。これは、ニューロンから無数に伸びる神経突起のシナプス結合のネットワークとされる、「人間の記憶の仕組み」にそったものです。

マインドマップとは(旧)より抜粋)


mindomo私は、考えているだけではただ思考が同じところをぐるぐるするばかりという事態に陥りやすいという性質があるようだ。
また、「そういう事態に陥りがちな自分」をよく把握しているつもりである。
そのために、陥りやすい性質のもの、または、じっくり考えを出したいテーマについては、すぐさまマインドマップに落とし込むのが習慣になっている。
悩み事があったとき、仕事で問題に当たったとき、先のことあれこれを考えるときなど、考えを広げながら、かつ整理しながら、建設的にまとめることができるツールとなっている。
とりわけ、アイディアをとりこぼしたくないものに関して、マインドマップを使うのがもっとも懸命な気がしている。

描くにあたっては、昔は鉛筆を持って描いていたものの、最近はマインドマップ作成用のソフトを使って描くようになった。
鉛筆で思いのままにどんどん描いていくと、あちら側が狭くなってきた、こっちにスペースができた、これはこっちの方で整理すればよかった、字の大きさが変だ…と、本来マインドマップを描くにあたってさほど問題にされないレイアウトの部分なのだろうが、どうにも気になって仕方ないという展開になってきてしまう。
こういった、本来の目的とは関係のない部分でだんだんストレスがたまってきたのである。
それをコンピュータの上では自動的に、もしくはかんたんにレイアウト・修正ができる。
整然と描かれるマインドマップは客観視もしやすくて、自分にとっては明らかに手書きよりも機械で描くのが向いていたようだ。
図面なんて手で引けないくせに CAD ソフトを使って、ちゃちゃっと小きれいに描けてしまう皮肉さにも似ているような気もするが、ここではさておき。

私が最近楽しく使用しているのは、 Mindomo という、ウェブベースのマインド・マッピング・ツールだ。
ソフトのインストールなどは不要で、作成されたデータはオンライン上に保存される。
これだと、いろんな環境からアクセスできるのが気楽でいい(私的には、 Mac からも Windows からもアクセスできるのが嬉しすぎる)。
また、使い勝手がなかなか気持ちよく、見た目もクール。
そして大事なのが、英語のサイトながらも、日本語で入力してもきちんと文字化けしないで生成できるところだ。
試しに使用してみたところ、たちまち気に入ってしまった。
現在はまだβサービスということだが、本サービス移行後も使いたいなぁと感じている(Mindomo Premium サービスが、4.99 Eur/month とのこと)。

 Mindomo
permalink | DAILY | comments(0) | trackbacks(0)
「ズバリ大安売り」でお買い物 & PC 上手に
ちょっと話題になっている「ズバリ大安売り」という名前の、その名のとおりで近所の安売り情報をスマートに検索できてしまう面白いソフト。
持っている人がいたので、おもしろ半分で試しに使わせてもらった。
結論を書いてしまうと、「面白いし便利」。
チラシを見る代わりに、これを新しい情報収集源にできそうだ。

折込みチラシをパソコンで見る

「ズバリ大安売り」は、日本全国のスーパーマーケットなどの特売情報がパソコンで検索できるソフトです。
全国約25,000人の特派員が集めたデータを集計
「ズバリ大安売り」で提供される情報は、主婦をはじめとする、全国に在住の「地域特派員」が主な情報源。スーパーの特売チラシが発行されると午前のうちにお買い得情報を登録。あらかじめ登録した最寄りの店舗の特売情報が自宅にいながらパソコンで検索できます。


午前のうちにデータベースが出来上がっていくということは、午後にこのソフトでチェックしてから買い物に行けばかなり効率的だ。
それにしても、25,000人とはとてもたのもしい。

掲載店舗も現在の時点かなり多いのにもかかわらず、これからも増加していくようなので、結構たのもしいと思う。
ちなみに、この使わせてくれた人の近くのエリアは、ほぼ完璧にカバーされていて、「だいたい毎日このソフトを起動してるよ」と話していた。

「50社4,000店」
登録チェーン数・店舗数は随時追加、更新されます。(2005年10月現在 株式会社ナビット調べ)
イトーヨーカドー、ダイエー、丸正、ジャスコ、相鉄ローゼン、西友、京急ストア、東急ストア、ピーコック、ライフ、セイフー、ワイズマート、アピタ/ユニー、サティ、いなげや、東武ストア、三和、リブレ京成、ダイエーグルメシティー、SANTOKU、イズミヤ、阪急オアシス、ニッショー、小田急OX、エース、コープこうべ、ナフコ、マルキョウ、ダイナマート食品館、マルショク、サンリブ、コモディイイダ、オオゼキ、オリンピック、Big-A、長崎屋、マルサングループ、文化堂、 FEEL など


特売情報を印刷したり、これを携帯に転送して、携帯を片手に買い物をすることもできるようだ。
これだとメモ要らずでいいなぁと感じた。
ちなみに私の場合、いろんな日のメモがズボンとか上着のポケットから出てくるorz

ちなみに、こういうソフトは、主婦をはじめとした女性が多いのかと思われるが、ちょうど PC がうまく使えないという人も多いかもしれない。
しかし、このソフトに関しては、使い勝手もよく、操作もシンプルで分かりやすい。
こういうソフトを通して、本来の安売り情報のリサーチなどをしながら、 PC の操作にも慣れたりできそうな気がした。
「難しそうで PC になかなか触れない」という方に、楽しく便利に利用してもらえそうなソフトだと思う。

また、時間が無くていちいち広告をひととおり眺めていられない忙しい人にも便利に使ってもらえそうな感じ。
確実に、広告眺めてるよりも効率的に調べられる。

まぁこれで定価 1,980 円とは、結構リーズナブル(というか、ちょっと使ってれば元が十分とれる)。

permalink | DAILY | comments(2) | trackbacks(0)
デジタルデバイドという溝の深さは
「google 検索を使いこなせる子供と、そうでない子供」といった内容の話をどこかで読んで、ふとその年頃だった頃の自分を思い出した。

- - - - - - - - - -

それはちょうど夏休みの宿題で、友達と2、3人で、書店や図書館をはしごしてた時の経験だった。

私は決して本の虫じゃないし、そんなに本が大好きというわけでもなかった(今でも同じ)のだが、当時の私にとって、たくさんの本に囲まれた場所というのは楽しい場所だった。
今まで想像したこともなかった種類のものごとを見つけることができて、世界が広がる場所だったのである。
そういう場所に行くといつも何らかの好奇心が満たされ、また新たな好奇心の種を見つけることができた。

一方で、一緒に本を探していた友達は、本といえどもマンガ程度しか興味がもてない子だったので、結構退屈そうにしていた。
この時私は、ああ自分の方がここにやってきて格段にいい経験をしている! と思ったものだった。
案の定、宿題の資料を探す一方で、その道すがらに私はいろいろなものを得ていたからである。
退屈そうにしている友達の横で、ちょっぴり差がついたであろうというのは言うまでもない。
この場をうまく使いこなせないのは勿体無いことだと思うから。

- - - - - - - - - -

まだインターネットなどは勿論なかったもので、次元が異なるものではあるが、そこにある資源は自分でうまく使わないと(使いこなせないと)勿体無いというのは同じだと思う。
子供には危ないから使わせない、というのも一理あるが、危険に遭うという経験もひっくるめて、リアルとは異なったネットの世界を見ないというのは、もはや勿体無いを超えて、価値のあるもの・これから生きていく上で重要な知識ですら一部を放棄することとなっているのではないかと思う。

子供の頃からぐぐって調べる事ができる人とそうでない人、大人になってからどんなふうに反映されるのかはこれから先の時代になればなるほど顕著に見かけるようになるのだろう。
子供時代に存在している、その子が無意識に持ってしまっている「知の枠」みたいなそういうものがある日、ネットを通して従来の枠が破られ、(他の経験よりも急激に)広がったりするなんていうのは、ネットの中でのみ得られる独特の経験になっていくだろうとも思う。
他の経験でもいろんな「知の枠」が破られていく要素は多々あるが、ネット程洪水のごとくの勢いをもつものは少ないだろうから。

しかしその経験を超えてきた子供とそうでない子供、ここの間にある溝というのは、かなり恐ろしいものになっていくような気がする。
permalink | DAILY | comments(2) | trackbacks(0)
moo card と、苦しまぎれのケースの話など
flickr の画像から作成できる moo card は、紙質も良く、印刷・表面加工もいい仕上がりの品で大満足なのだが、1つだけ困った点がある。
これを何(どんな入れ物)にいれて持ち歩いたらいいのかということである。

しばらくの間、私は困ったまま、どうしたらよいのかが分からずに、バッグの中の小さい内ポケットなどに入れていた。
何かちょうど良い入れ物があればとは思うが、適していそうな物が見当たらなかったのだ。

DVC10104あるとき、無印良品で購入した小さいクッションのきいたケースを購入し、しかしそれが本来の用途に使えなかったために、持て余していた。
どういうことかというと、初代 iPod shuffle を入れるケースで、ちょっとクッションのきいた素材のものがないかなぁと思って探していたのである。
そんなとき、無印良品でそのケースを見つけた。
早速購入して自宅に戻り、そのケースに iPod shuffle を入れようとすると…入らなかったのだ。

その放置気味なケースをながめていたところ、何となく moo のカードを入れてみた。
これが何と、大きさ的にはものすごくぴったり。
このケースは到底カードを入れるようなものではないのだが、他に入れるものもないので、適度な量のカードを入れて、これで持ち歩いてみることにした。
カードの量が少ないと折れ曲がってしまいそうだが、適度な厚みになるよう入れていれば、紙自体の強さもあるので雑に扱わなければだいじょうぶかなぁ、という感じ。
なんか、これだ!というようなケースが登場してほしいなぁとか思ったりする。

ちなみに、これと同じ素材のケースで、中くらいのものも購入している。
これは、デジカメを入れる専用ケースを持っていなかったので、丁度こういったクッションのきいたケースが欲しかったためである。
(かれこれ何年間も薄い布の袋に入っていた)
すると、こちらのケースも予想外の使用法に変わってしまった。
デジカメ自体は普通に入って何の問題もなかったのだが、ふとその傍らにあった、ケースも何もなく無造作に置かれたニンテンドー DS Lite が目に付いた。
すかさずデジカメを取り出して、ニンテンドー DS を入れてみたら、無理しながらギリギリで入った?という感じ。
それでも、裸のままよりは数段いいし、かさばらないのが良かったので、そのままになってしまっている。
チャック閉めたときに傷がつかないようにしないといけないが。

そして皆さんの予想どおりで、ソフトはその横で散らばっているのだが、次はそのソフト入れを探す番かもしれない。
あとはもう1回、デジカメ用のケースを買いに行くというという感じ。
あと、もっと適した moo card case を探さないとだ(本末転倒になりそう)。
permalink | DAILY | comments(0) | trackbacks(0)
アレを 12,500 個使って作ったアイテム
condom_wedding_gownこの間の12月1日が19回目の世界エイズデーだったということで、それを記念して、すごいオブジェが作られたらしい。
それは、コのつく5文字のアイテム12,500個を使って作られたウェディングドレス。
なんか色とか使用アイテムがエグイだとかいろいろあるかと思うが、純粋な興味から一度直接見てみたい気分にもなった。
ここまでくると(本当はメッセージ的意味があるんだろうが)アートだもんねぇ、面白いし、すごい。
このアイテムで花嫁の体を守るっていう意?! 意味はびみょーに分からんなぁ〜〜。。。

しかし、万が一これを着てもいいよと言われたとしても、私は決して着たくはないと断っておく。
ゴム臭 +(なんか加工してある)αで、かなり異臭放ってそうじゃないか。
しかも重量感ありそうだし。

 Spluch: Condom wedding gown!
permalink | DAILY | comments(0) | trackbacks(0)
日本1号店のIKEA(イケア)ショップと、いけてるIKEA専用モデリングソフト
千葉県船橋市のスキードームザウス跡地にオープンした、IKEA というショップに行ってきた。
IKEA は、スウェーデン発のインテリアショップで、世界数十カ国に店舗を展開している。
この船橋のショップはとりあえず日本1号店(以前に日本国内に出展していたのだが撤退してしまったらしい)ということで、ちょっと話題にもなっているらしい。
外国によく行かれる方にはおなじみのブランドかもしれない。

店内は品数が多くて、見ているだけでも面白く、全体的に値段がとても安いのが魅力(ただし玉石混合なので、品物を上手く選ぶセンスが必要)。
しかも、ただ安いだけではなく、デザインがシンプルかつスタイリッシュで使いやすいものが多い。
日本のショップで似たような空気のものといえば、フランフランや無印良品あたりをミックスした感じかなぁ。

なにしろ前々から行ってみたいショップだったので、GW 期間中に行くのは自殺行為かと思いながらも、結局行ってきた。
10時のオープン前に着くようにと思って9時半に行ったら、案の定車も余裕で、エントランスあたりも人はまばらだった。
…と思いきや、既に大量の人が来店していたようで、順に入店をさせていた。
そのため、店内は広いにもかかわらず、もう混雑状態ですごいことになっていた。
そんなわけで、入場者数は朝からとんでもない人数だったに違いない。

店内は、1Fでこまごました道具やインテリア小物の売り場と大型ものの在庫の倉庫、2Fは大型の品や家具類と、実際の部屋のように展示しているショールームがいくつもあった。
入り口では、目を付けたものを書き留めておけるように、小さい鉛筆とリスト用メモが用意してある。
主に2Fにある大型の品物は、あらかじめメモをとっておいてから、1Fの倉庫部分で探して、自分で持ってレジにて購入するという仕組みだ。

どちらの階もまあイモ洗いの様に混んでいたが、とても楽しく店内をまわった。
いろんな物がそろっていて、なおかつバリエーションも多いので、欲しい感じのものが見つかる確立も高そうな気がした。
(しつこいようだが玉石混合なので、よく見て判断しないとということを忘れてはいけない)
やはり安くてよさそうなものもいくつか見つけたので、目を付けたものリストも書いた。
しかし、大きくて部屋に入るのかという心配(笑)も含まれていたので、後にまた準備して購入しに行こうかと思って、この日の大型ものの買い物は無し。
オンラインストアはまだ国内では展開していないので、その点は注意。

この店内をまわると、とりわけ、ひとり暮らしを始めようという人にはとても助かる店だと思う。
好みの問題もあると思うが、他で買うよりも安くてかんたんに、いろんな物が一気にそろうので楽そうだから。
買い増しにも便利そうだし。

ちなみに11時半頃に店を出ると、ディズニーランドの人気アトラクションさながらに、蛇の様な行列がずら〜っとできていて、その長さときたらガクブルものだった…。
ここまで人が来る店だとは、正直思っていなかった。

ikea-home-plannerところで、IKEA の英語サイトなどでは、IKEA の家具を使って部屋のレイアウトデザインができるモデリングソフトの、IKEA Home Planner(ここでは US 版リンク)が利用できるようになっている。
お手軽3DのCADみたいに使えて、しかも見た目が分かりやすいので、実際の部屋のイメージをしやすい。
使い方は、部屋の大きさ・形を指定して、家具を配置していくだけ(インチなのがちょっと面倒だけど)。
日本で販売されているもの以外にも家具がありそうななので、実際に店頭で見てから気に入った物を使って配置していくといいかも。
私も、コンピュータを置いている机が古くなってきたのと手狭なので、ちょっと欲しい品があったりするので、それを使って1度シミュレートしてみた。
他のラックなどは類似品を配置したんだけど、いい感じに分かる。
日本語バージョンもそのうち出て欲しいなぁ。
permalink | DAILY | comments(2) | trackbacks(2)
I T E M S
hhstyle.com←大好きで愛用中な、イサム・ノグチの coffee table。
足のかたちの美しさはもちろん、ガラスの厚みが優美さをかもし出しています。
居間でノート PC などを置いて使っていますが、なかなかふつーの部屋でもマッチしてくれてるのでフレンドリーです。
買ってかなりよかったですww

温浴の達人【心も身体もポカポカ「温浴名人」】← こんなのあったらお風呂楽しすぎてやばいと思われるお風呂用の石セットです。
ゲルマとかラジウムとかトルマリンとかその他いろいろ詰まってて、水ヲタな私としては、今ちょー気になりまくりアイテムです。
見ているだけでも楽しすぐるww

L I N K S
hhstyle.com
yuki loves ...
My status
www.flickr.com
yuki - meirin's photos More of yuki - meirin's photos
last.fm
Join the FON movement!




Categories


Recent Comments
  • 奈良の引越しオバハンのFLASHや着メロまであるのですよ
    引越し (08/10)
  • ふざけてるけど手ごわいタイピング速度測定
    (05/22)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/17)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    ushiki (12/13)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (12/01)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    kazutoshi (11/25)
  • ブログと掲示板の違いは、ライブドアとどこでもドアの違いと同じ位ありそう
    高橋 美恵 (11/23)
  • マイケル・ジャクソンの「This Is It」の初回を見に行ってきた
    meirin (11/12)
e-t-c.
mail